格安スマホで月々の支払いがお得になるよ

格安スマホに乗り換えることで、月々の携帯料金を大幅に節約。格安スマホの仕組みから、選び方、乗り換える際の注意点などをまとめて解説します。

月々の携帯料金、チェックしていますか? もしかしたら、あなたの携帯料金は払いすぎかもしれません。大手キャリアではなく、MVNOで格安スマホを契約することで出費を抑えられる可能性があります。では、MVNOとは何なのか? チェックしていきましょう。

格安スマホ、MVNOとは何か?

「格安スマホ」と書いてきましたが、もちろん、そういった商品名があるわけではありません。初心者の方はまず、スマートフォンの仕組みを抑えておく必要がありますので確認していきましょう。

 

スマートフォンは基本的に、それ自体では通話やデータ通信はできません。スマホ本体には「SIMカード」と呼ばれるICカードを差し込む場所があります。このカードは、電話番号を特定するための固有のIDが記録されたもの。これを差し込むことでスマホは電話番号やその他の情報を認識し、通話やデータ通信ができるようになります。

 

このSIMカード、これまではドコモ、au、ソフトバンクといったいわゆる「大手キャリア」から発行されるのが通常でした。おそらく、なんとなく携帯電話を持っている方の多くは、こういった大手キャリアと契約しているかと思われます。

 

大手キャリアの通話料や通信料は大体横並びで来ていたのですが、ここにきて大手キャリア以外にもSIMカードを発行する事業者が現れました(実際には、大手キャリアの無線通信インフラを借りているものですが)。こういった新規参入業者はMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれています。

 

MVNOは大手キャリアと比較して、通話・通信料が安く抑えられている場合が多く、こういった事業者の発行するSIMカード(格安SIM)の人気が高まっています。

 

格安スマホとは、こういったMVNOがSIMとスマートフォンをセットにして販売している料金プランを指す場合と、単純に価格が安い(SIMフリーの)スマートフォンを指す場合があります。後者の場合、自分でスマホ本体を購入後、MVNOでSIMのみ契約することになります。

 

※以降料金プランは格安スマホと表記します

 

格安スマホはなぜ「安い」?

これまで日本の大手キャリアたちは「価格」ではなく「品質」で競争してきました。他の多くの国の通話・通信環境と比べても、ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアの質は非常に高いレベルにあると言われています。

 

一方で、少なからず「品質より価格」という声は挙がっていました。ここに目をつけたのがMVNOです。

 

例えば、大手キャリアのプランは往々にして「通話無制限」と謳っていますが、基本的に格安スマホのプランは通話料に重きをおかず、データ通信料も「●GBまでいくら」とすることで、基本料金を安く設定しています。

 

また、大手キャリアはアフターサービスのために各主要駅周辺にいわゆる「キャリアショップ」を設けていますが、格安スマホの場合はネット通販を主流にしており、こういった部分でもコストカットが図られています。

 

 

格安スマホの魅力とは?

これまでに書いてきたとおり、大手キャリアと比較した場合格安スマホの最大のメリットは「安さ」にあります。しかし、大手キャリアを離れて格安スマホを選択することで得られるものは他にもありますので、紹介していきましょう。

 

・契約縛りから解放される

最大のメリットは、契約期間からの解放です。大手キャリアのプランの多くは「2年縛り」と呼ばれる契約期間があります。2年以内に解約すると違約金が発生し、「解約月」を過ぎてしまうと、さらに2年後まで解約に違約金がかかる状態となります。

 

一方、格安スマホのプランの多くはこうした「縛り」を設定していません。仮にほかの事業者に乗り換えようと思った場合でも、追加コストが発生することなくスムーズに手続きをすることができます。

 

・契約内容が分かりやすい

格安スマホの契約内容が大手キャリアに比べてシンプルであり、わかりやすいことも長所です。大手キャリアのプランは「通話無制限、通信●GBまで」、「ただし●と●のオプションプランをつけることが条件で~」など複雑。今やキャリアショップの店員でも正確な説明が難しくなっているほどです。

 

それに比べて格安スマホのプランは単純明快。「通話なし、通信●GBで●●円」というだけのものがほとんど。プランがわかりやすければ、他社との比較もしやすく、より自分に適した事業者が選びやすくなるといったメリットがあります。

 

 

格安スマホに乗り換える時の注意点

大手キャリアから格安スマホに乗り換える際に、「今使っているスマホがそのまま使えるとは限らない」という点に注意しなくてはなりません。

 

MVNOはあくまで大手キャリアの無線通信インフラを借りているものだということは前述したとおりです。そこで、MVNO発行の格安SIMは、大きく「docomo系」のものと、「au系」のものに分かれます。

 

例えばauと契約していてdocomo系の格安スマホに乗り換えた場合、これまで使っていたスマホは使えなくなる可能性があります。これは「SIMロック」という機能がスマホ側に設定されているためです(最近のスマホには解除機能が備わっている機種もあります)。このため、「これまで使っていたスマホを使いたい」という場合には、慎重に調べる必要があります。

 

また、格安スマホにはキャリアショップのようなものは少なく、対応は電話やメールが基本となっているため、上記のような機種の問題についても「店で直接話を聞きながらオススメを聞きたい」という方にも不向きです。ある程度ネットなどで知識を吸収していくことが苦にならない方に向いていると言えるでしょう。

 

また、キャリアが変わることによって、これまで使っていた例えば「~@docomo.ne.jp」といったいわゆる「キャリアメール」は使用できなくなります。別途メールを用意する必要があること、そのメールアドレスを家族や友人に告知する手間などがかかることも覚えておいてください。

 

 

MVNO選び方

さて、では実際にMVNOを選ぶ際のポイントを紹介していきましょう。まず、覚えておいていただきたいのは、「月額料金の安さだけで選ばない」ということです。

 

月額料金の著しく安いプランは、いわば「上級者向け」のことが多いです。無料通話はなく、通信量も少量。また、お客様サポートも不足がちなことがあるため、大手キャリアを使用してきた人が、いきなりこういったMVNOのプランに乗り換えると、そのギャップにストレスが溜まりがち。

 

まずは、現状で毎月どれだけ通話・通信をしているのかを把握しておきましょう。大手キャリアであれば、ウェブサイトのマイページでチェックすることができます。月々の通話・通信量を把握したら、次は「節約できるところ」を探すようにしましょう。

 

例えば、友人に電話をするのに通話量を使っているとしたら、その分は無料通話アプリなど、データ通信で賄えないのか…といった検討をして、おおよその通話・通信量の目安をつけます。

 

MVNOのSIMには「音声通話可能なSIM」と「データ通信のみのSIM」があり、後者の方が比較的安い傾向にあるので、慎重に考えておく必要があります。

 

さあ、ここまでできたら、あとはその通話・通信量に見合うMVNOのプランを探すだけ。「これまで使っていたスマホを使いたい!」という方は、docomoだった場合にはdocomo系の格安スマホを、au系だった場合にはau系の格安スマホを選びましょう。

 

 

■初心者におすすめのMVNO

MVNO(格安スマホ)への乗り換えるには大まかに分けて

  • これまで使っていたスマホを使用できるMVNOに乗り換える
  • MVNOで使用できるスマホを自分で用意して乗り換える
  • スマホ購入プランのあるMVNOに乗り換える

という3つの方法があります。

 

安く済ませたければ①か②を選べばOKです。ただ、前述のとおり、スマホにはSIMロックという機能があり、他キャリアのSIMカード使用が制限される可能性があります。この機能のことを考慮に入れながら乗り換えるMVNOを選択する、というのは初心者にはいささか難易度の高い(失敗しがちな)方法と言えるでしょう。

 

そこで、初心者にオススメなのは

  • スマホ購入プランのあるMVNOに乗り換える

です。

 

MVNOでは大手キャリアと比較して選択できる機種のバリエーションが多く、高機能なものから必要最低限の機能のものまで選んで契約できます。スマホの技術革新は目覚ましいものがありますが、「そんなに高機能なものは使いこなせない」「ネットブラウジングが普通にできればそれでOK」という方もいるでしょうから、そういった場合はスタンダードなモデルを選べば価格も抑えることができます。

 

また、選ぶプランもいきなり最安のものにするのではなく、これまで契約してきた大手キャリアのプランに近いものにしておくと違和感が少ないと思います。使っていて、よりデータ量を節約できそうであればプランを変更すればいいことです。このあたりの自由度の高さもMVNOの魅力です。

 

いかがでしょうか。月々の携帯電話にかかる料金を減らすには、少しだけ勉強が必要になりますが、基本さえ押さえておけば、かなりのコストカットを実現できます。家計の固定費を削減したいと考えている方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

ではつづきましては格安SIMの通話料についてみていきます。

 

格安SIMといえば全体的に料金が節約できるという印象がありますが、その内訳でみると通話料ってどれぐらいになっているのでしょうか?スマホで通話をよくするという人にとっては通話料もお得な方がいいですよね。そこで、格安SIMの通話料について比較してみましょう。

 

格安SIMの通話料ってどれぐらい?

格安SIMの通話料、実際にいくらぐらいかかってくるのか、通話をする人にとっては重要なことです。いくらプランや端末代金が安くても通話料でかさんでしまっては意味がありません。そこで、MVNO別に、またプラン別に比較してみましょう。

 

・IIJmio

格安SIMでも最近よく見かけるこちらのIIJmioについては、通常の通話料は30秒につき21.6円となっています。これは、どの格安SIMについても同じ料金設定になっています。ここから、IIJmioの場合はファミリー割引を利用すると17.28円に、通話料が半額になるアプリを利用すると10.8円、アプリとファミリー割引の両方を利用すると8.64円という安さにまで抑えることができます。

通話のパックを用意していないため、IIJmioではファミリー割引とアプリを同時に利用することで一番安い通話料で通話ができるようになっています。

 

・DMMモバイル

DMMモバイルも格安SIMの先駆けとなっており、豊富なプランを売りにしていますが、基本は同じ通話料になります。しかし、DMMモバイルについても通話料が半額になるアプリを作っているので、そちらを利用すると10.8円にまで抑えることができます。

 

・U-mobile

U-mobileも半額アプリを利用すると、同じく10.8円という料金で通話ができるようになっています。

 

・楽天モバイル

楽天モバイルでも独自のアプリを提供しているため、通話料はアプリを使用して通話をすれば半額になります。半額になるので、10.8円になります。

 

・BIGLOBE

BIGLOBEでもアプリを利用すると半額になるのですが、不課税となっているので10円ぴったりの金額で利用ができるようになっています。

 

その他にも格安SIMにはUQモバイルやmineo、b-mobileなどがありますが、これらについては基本通話料から特に割引されるプランやアプリはまだ登場していません。

 

格安スマホの通話料、キャリアのスマホと比べると高い?

格安スマホの通話料はそのまま発生してくるところもあれば、アプリやプランを上手に利用すると割引になるところもありました。では、実際のところキャリアのスマホと比べると通話料は高くなっているのでしょうか?

まず、たっぷり電話をしたいという人にはキャリアのスマホの方がおすすめと言えるでしょう。なぜなら、通話定額プランがあるからです。格安スマホでは定額プランというものを用意していません。お得になるアプリなどはあっても定額にはなっていないんです。そう考えると通話時間が長くなる人にとっては格安スマホではあっという間に通話料がかさんでいってしまいます。

つまり、1時間や2時間といった単位で通話をする機会が多い人にとっては格安スマホは格安ではなくなってしまいます。これぐらいの長さ通話をする人にとっては、キャリアのスマホの方がおすすめでしょう。

通話が数分程度で数日間に1度くらいしか電話はしないということであれば、格安スマホでも十分利用できるでしょう。

 

格安SIMで通話料を安く抑えるには

たっぷり通話をする人にとっては定額プランがあるキャリアのスマホの方がおすすめということですが、せっかくの格安SIMでも通話料をできるだけ安く抑えていきたいですよね。そのためには、どんなふうに利用すればいいのでしょうか?

 

・LINEやSkypeなどの無料通話サービスを利用する

スマホになるとアプリをインストールした上でいろんなことが利用できるようになります。そこで、通話もできる限り安く抑えたいということであれば、LINEやSkypeのインストールをおすすめします。どちらも無料アプリとなっており、通話ももちろん無料で利用できるからです。格安スマホについてはメール機能もなくなる場合が多いですが、それについてもLINEなどでチャットができるので便利と言えるでしょう。

 

・楽天でんわをインストールしよう

格安スマホで通話料を抑えたいけれど相手がLINEを使っていないという時には別の手段でないといけなくなります。そこで、おすすめなのが楽天でんわというアプリ。こちらも無料でインストールできるアプリとなっているんですが、どの格安スマホでもインストールが可能となっています。

この楽天でんわのアプリを通して相手と通話をすれば、通常30秒20円のところ半額の10円で通話ができるのでとてもお得です。楽天モバイルのスマホを持っていなくてもアプリさえインストールしておけば使えるので、通話料をできるだけ抑えたい時におすすめのアプリになっています。

 

こんな人は格安SIMの通話料に注意しよう

格安スマホにおいてネックになってくる通話料、いろんな対策ができることがわかりましたがやはり格安SIMがおすすめな人とそうでない人に分かれてくると思います。では、どんな人が格安SIMの通話料に注意した方がいいのでしょうか?

 

・1回の通話が数時間単位に及ぶ人

格安スマホでは短時間の通話料であればあるほど安く済みます。定額プランが存在しないということから、長時間の通話は非常に危険ということにもなりますが、本当にこれには注意していきたいです。特に、1回の通話が1時間や2時間といった単位になる人は格安SIMにする際に通話料のことを念入りにチェックしておかないといけません。プランの料金は安くても、通話料で結局のところキャリアのスマホと変わらなくなってしまいます。

 

・会社のスマホだという人

個人のスマホであれば誰とどれぐらい通話するかは自分の使い方次第になってきます。しかし、会社のスマホである場合取引先との電話や職場とのやり取りなどでスマホを片手に作業というシーンも多くなるでしょう。そうなると、どれぐらい通話をするかは予測することができません。通話料を気にしてばかりいても仕事にならないので、会社のスマホも格安SIMにする際には注意した方がいいでしょう。

 

・通話をよくする相手がLINEなどをインストールしていない

最近ではLINEなどで簡単に無料通話ができるようにもなりました。本当に無料で利用できるので、使用している人も多いと思います。しかし、通話をする相手がLINEをインストールしていないとせっかくの無料通話も利用することができません。

そこで、格安SIMにする際に自分がよく通話をする相手がLINEをインストールしているかということもある程度把握しておいた方がいいでしょう。無料通話できるのと、30秒につき20円という料金が発生してくるのには大きな違いがあります。

 

格安SIMは通話料に気を付けないと、うっかりすると損をしてしまう可能性もあります。スマホを利用する中で通話はどれぐらいの割合でするか、自分の利用頻度を振り返って格安SIMにしても大丈夫か考えてみましょう。

 

格安SIMは通話料が問題点と言われています。通話をあまりしない人にとっては特に問題ありませんが、スマホでの通話が欠かせない人にとっては割高に感じてしまうこともあります。そんなときはどこの格安SIMが通話料がお得になるのか、また通話料が安くなるアプリにはどんな種類があるかといった点についても事前に調べておくといざ格安SIMに乗り換える際にも安心してできるでしょう。

 スマホならではのアプリを上手に利用して、通話料も安くしていきましょう。

 

つづいては格安SIMの中の容量が無制限のものについて触れていきますよ。

格安SIMの中にはデータ容量が無制限のものもある!

 

格安SIM、種類も数多く存在していますが、どれもプランによって毎月のデータ容量が決まっている場合がほとんどです。自分がどんなスマホの使い方をするかによってみなさんは自分に合ったプランを選んでいることでしょう。制限プランも多い中、データ容量無制限プランを用意する格安SIMも登場するようになりました。

 

データ通信量無制限の格安SIMを一挙紹介!

では、実際にどんな格安SIMで無制限のプランを設けているのか1つずつ順番に紹介していきましょう。

 

・ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEには定額のプランもあります。定額ライトと7GBの2つのプランがあり、それぞれ1728円、2792円で利用できます。それとは別にぷららモバイルLTEでは定額無制限つまりは使い放題プランも用意しています。この無制限プランになると、月額料金は3736円となります。それでも、大手キャリアで契約するよりは安いですよね。

この無制限プランにした場合、通信速度は3Mbpsとなります。データ通信量が無制限なので、制限がついているプランのように容量を超えたときに生じる通信速度制限も起きません。いつでも快適にインターネットなどができるんです。音声付きSIMでこの料金となっているので、データSIMにするともう少し安く抑えることができますよ。

 

・U-mobile

U-mobileにも無制限プランが用意してあります。通話プラス LTE使い放題と通話プラス LTE使い放題2の2種類があります。どちらも通信速度は下りで最大150Mbpsと高速通信になっているので、サクサクと動画やネットを楽しめます。この2つのプランの違いは、最低利用期間が6ヶ月か12ヶ月かの違いとなっています。

月額料金は通話プラス LTE使い放題が2980円、通話プラス LTE使い放題2が2730円となっているので、格安SIMの中ではリーズナブルな方に入るでしょう。

 

・b-mobile

b-mobileにもデータ容量無制限プランがあります。MVNOの先駆けとも言われているb-mobileですが、高速通信ができて使い放題となっているので、魅力的となっています。b-mobile SIM 高速定額 音声付であれば、月額2780円で利用ができます。音声付きでさらにデータ容量無制限にしては、破格の料金とも言われています。

ただ、一部ユーザーの間では速度が遅い気がするとも言われているので、高速通信を望む人は事前にどれぐらいの速度で通信ができるのか確認しておくと安心でしょう。

 

以上、データ容量無制限プランを作っている3つの格安SIMについて紹介しました。気になるところがあったら、ぜひ調べてみてくださいね。

 

無制限プランを選ぶメリットが知りたい!

格安SIMにしてもネットや動画、アプリは欠かせないからデータ容量は無制限がいいと思っている人も多いことでしょう。そこで、今一度無制限プランを選ぶメリットをおさらいしておきましょう。

 

・データの残量を気にしなくてもいい

・デザリングが快適にできる

・動画がいつでも快適に見ることができる

この3つの点がメリットとしては大きいでしょう。データの残量を気にしなくていいのはかなり嬉しいですよね。月に3GBや5GBと決められていると、それを超えたときに急激に速度が落ちてしまいます。今まで快適に操作できていたことでも時間がかかるようになってしまうので、その分ストレスも感じるようになってきます。しかし、格安SIMの中でもデータ容量無制限プランを選ぶことでこのストレスをなくすことができるんです。

ここから、動画を頻繁に見るといった人も動画が途中で切れてしまうこともなく、最後まで快適に見ることが出来るでしょう。さらに、外出した際にパソコンでインターネット接続に便利なデザリングもスマホがあればできるようになりましたが、その際にもデータ容量無制限プランだからこそスピーディーに接続することができます。

 

こんな人にデータ通信量無制限プランはおすすめ

格安SIMのデータ容量無制限プランはとにかく魅力的であるということが話題になっていますが、具体的にはどういった人にこの無制限プランがおすすめになっているのでしょうか?

ずばり・・・

・動画をたくさん見る人

・スマホがあれば常にインターネットをしている人

・アプリをたくさんプレイする人

こういった人たちにこの無制限プランはおすすめになっています。これらをしようとすると速度が制限されてしまうと、かなり不快に感じてしまいます。それがないだけでもサクサクと快適にスマホが利用できるようになるので、格安SIMで無制限プランは必須にもなってくるでしょう。とにかく長い動画もよく見る、最後まで止まることなく見終えたいと思う人には無制限プラン、おすすめですね。

 

データ通信量無制限プランにはこんなデメリットもあるから気を付けよう

格安SIMにもいくつかの業者がデータ容量無制限プランを導入するようになってから注目を集めていますが、メリットばかりが目立っているように感じていませんか?その裏にデメリットや注意した方がいいことってないの?と不安に感じる人もいることでしょう。そこで、ここでは無制限プランのデメリットや注意すべき点について記していこうと思います。

 

デメリットと注意すべきこと

・最大速度が遅い場合がある

・無制限と言いつつも中には制限があるものがある

 

大きくこの2つに注意してみましょう。無制限プランということで、確かに月のデータ容量は無制限です。いくら使っても構いません。これを超えると速度が低速になるということもありません。しかし、中には最大速度が遅い場合があるので注意しないといけません。最大速度が遅いのは、インターネットなどする上でも困りますよね。思うように次の画面に切り替わらないということに陥ってしまいます。

 

また、無制限プランと言いつつも中には制限がある格安SIMもあるということを覚えておきましょう。たとえば、U-mobileでは他のユーザーの通信に影響を与えるほど使用した場合には制限がかけられてしまいます。具体的には3日間で1GBほど使用すると制限がかけられるようになっています。無制限プランだからと使い放題ということを繰り返していると、制限がかかってしまうこともあるという点には注意しとかないといけませんね。

格安SIMのデータ容量無制限プランは本当に魅力的です。確かに無制限でたっぷりスマホを使えることは事実ですが、あまりの使いすぎには注意しようということですね。無制限プランなのに制限がかかってしまうと悲しいので、そうならないように適度に楽しむことも大事です。

 

そして、格安SIMの中でデータ容量無制限プランを用意しているところをしっかり見比べることも大切です。比較することで見えてくる点もあります。無制限プランがあるからここにしよう!と即決するのではなく、他の無制限プランを扱っている格安SIMとも比較しながら選んでいくことが大事です。格安SIMにおいても無制限プランの詳細が少しずつ変わっている場合もあるので、気になる格安SIMについてはじっくりとホームページなどを熟読してしっかり内容を理解しておくことが重要です。無制限プランを格安SIMで求めている人は多いです。すべての人が快適に利用できるように、みんなで無制限プランの使い方を考えていきたいですね。

 

そして、スマホがどんな時にも役立つ便利な機械として活用できるといいでしょう。ただ通話やメールをするだけではなく、自分のためになるように利用することも可能です。ぜひそんな使い方をしていきながら、知識も深めていけるといいでしょう。電車に乗っている間もスマホがあればインターネットができるので、隙間時間を上手に使って調べ物だってできますね。